• ホーム
  • ED改善に時間をかけたくない理由

ED改善に時間をかけたくない理由

2019年11月21日
笑顔のカップル

EDは発症してしまった場合その完治まで長い時間がかかることが多いものですが、しかし多くの人にとってED治療はなるべく早く終わらせたいと思うものです。
このED治療を早く終わらせたい、時間をかけたくないと思う理由は人それぞれですが「日常生活への影響」が大きな要因であることは殆どの人にとって代わらないことでしょう。
パートナーを持つ男性にとってみれば勃起が出来ないことによって発生する日常生活への影響は極めて大きい物があります。
特に日本国内の法律においては離婚の要因として「性行為の欠如」が認められていますから、それに対して強い不安を抱く人も珍しくはありません。
ED治療に時間がかかれば生活の満足度が低下し、それによって離婚の話に発展する可能性が否定できない以上は早く治療したいと考えるのは当然のことと言えるでしょう。
さて、またこれと同様に大きな理由であるとして考えられるのが「EDは治療が長引くほど完治が難しくなる」ということでしょう。
実際これは器質性EDの場合に見られる傾向なのですが、勃起不全の状態が長く続いた場合にはそうではない場合と比べて完治までに長い時間がかかりやすくなります。
早い段階で完治をさせることが出来ればそうした心配も抑えられるのですが、完治が長引くことで心因性に近い要因が生まれ、心身ともに治療をしていかなくてはならないということになってしまうわけです。
どちらにせよ、EDは早い段階で完治を目指すべき症状であることは疑いようのない事実でしょう。
そのためにももしEDではないかと疑えるような症状が出てきた場合には、早い段階で専門医の診察を受けて治療に移り、そして早く完治させることをお勧めします。